贅沢過ぎるステージ誕生! 「琉球音楽祭」第1弾 ビックバンドと沖縄への愛(2019年4月27日(土))

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


琉球音楽祭

第1弾 ビックバンドと沖縄への愛

2019年4月27日(土)

★琉球新報ホール

 

豪華出演陣がコラボ



沖縄JAZZ協会


琉球新報社は新本社ビル落成と創刊125年記念事業の一環として、宮良長包賞受賞者によるコンサートシリーズ「琉球音楽祭」を4月27日(土)から5月26日(日)まで4回にわたって琉球新報ホールで開催する。

4月27日の第1弾は「ビッグバンドと沖縄への愛」をテーマに沖縄JAZZ協会、知名定男、大工哲弘、宮沢和史の豪華出演陣がコラボする。独自の感性で新たな地平を切り開くミュージシャンが一堂に集い、沖縄音楽の新しい魅力を奏でる。

5月11日(土)は新良幸人、下地イサム、白百合クラブ、古謝美佐子、佐原一哉による「唄」の魅力を発信する。

5月25日(土)はジョージ紫(紫)、HY、アルベルト城間(ディアマンテス)、きいやま商店がオキナワンロックのスピリットを伝える。

5月26日は沖縄交響楽団、泉恵得、沖縄中央混声合唱団が共演、普久原恒勇の名曲をボイスアンサンブルユニット「おから」らが披露する。

各回ともフィナーレは出演者全員が「えんどうの花」を歌う。

宮良長包賞は琉球新報創刊110年を記念し2003年に創設。宮良長包の精神の継承・沖縄音楽の発展を願い、18年までに16回を数えている。宮良長包メロディーを基盤に、歴代受賞者らによる多彩な音楽を、一新した琉球新報ホールに響かせる。



茂木大輔氏
知名定男氏

大工哲弘氏

宮沢和史氏


Information



2019年4月27日(土)午後6時開演(同5時半開場)、琉球新報ホール(マップはこちら

4000円(当日500円増)全席指定※未就学児不可。

プレイガイド
琉球新報本社、中部・北部支社、ファミリーマート(イープラス)、ローソン(Lコード82564)

※5月11日(土)、5月25日(土)は午後6時開演(同5時半開場)。
5月26日(日)は午後5時開演(同4時半開場)。

4000円(当日500円増)全席指定※未就学児不可。
いずれも琉球新報ホール。順次発売する。

問い合わせ
琉球新報社読者事業局 098(865)5013(平日午前10時〜午後5時)

 


(2019年3月28日 琉球新報掲載)



前の記事まさに韓流版SATC! 『ミスト...
次の記事愛子さま「令和への決意」美智子さ...