肉汁とチーズのハーモニーが食欲を刺激する 連休中に行ってみたい沖縄の人気ハンバーガー店

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


大型連休を楽しむにはフードも大切ですよ!「ヨシキカーニバル」ことライター・長濱良起が本島内を巡り、みんな大好きなハンバーガーの名店を訪ねました♪



BENJAMIN BURGERのベーコンチーズバーガー



羽地内海に浮かぶ屋我地島。沿岸部の裏道を抜けると見えてくるのが「ベンジャミンバーガー」です。ウッド調でもともと民家だった店舗は、窓も大きく開放的で落ち着いた雰囲気です。

一番人気は「ベーコンチーズバーガー」(980円)。バンズもパティもソースも全て自家製で、こだわりにこだわっています。粗めに挽いた肉が、これでもかという程に肉々しく、ジューシーさも加わり一層楽しませてくれます。ニューヨークで本場の味に出会い、ハンバーガーに魅了された店主の小橋川洋平さん。食べ歩きの末にたどり着いた究極の味をどうぞ。



ベンジャミンバーガー

沖縄県名護市済井出259-1 地図はこちら

TEL 0980-52-8222

午前11時~午後6時(売り切れ次第終了)

木曜休






BONESの初代阿麻和利バーガー



山間の小道を抜けた広場に立地する「BONES」。西部劇に出てきそうな演出がちりばめられ、ワクワク感をかき立てます。

一押しメニューは勝連城主の名を入れた「初代阿麻和利バーガー」(1296円)です。食べた瞬間にうまみと甘みのダブルパンチ! ずっと食べたいくらいです。ソースに神村酒造の酒かす、バンズに津堅島産ニンジンパウダー、ムースに伊計島の黄金芋を採用しています。75度の低温調理で柔らかく仕上げた豚ロースを、勝連城壁に見立てて何層にも積み上げました。うるま市への愛情がとてもとても詰まってます。



ボーンズ

沖縄県うるま市石川伊波1515-32 地図はこちら

TEL 098-965-7517

午前11時~午後8時

水曜休(GW中は無休)






石垣島キッチンBinの石垣牛ベーコンチーズバーガー



本島にいながらにして石垣牛のバーガーを楽しめる「石垣島キッチンBin」。人気ナンバーワンはやはり「石垣牛ベーコンチーズバーガー」(1280円)です。石釜で焼き上げたバター風味漂うバンズの甘みと、しっかりはみ出したベーコンの塩味がこの上ないコンビネーションを発揮してくれます。極めつけは石垣牛パティ。しょうゆベースのたれやフレッシュ野菜と相まって、おいしさがマックスに引き出されています。

店を構えて16年目、石垣島出身の新城永敏さんの笑顔もステキです。人柄の良さがおいしさにも表れた一品です。



石垣島キッチンBin

沖縄県中頭郡北谷町北谷1-11-21 地図はこちら

TEL 098-936-7587

午前11時~午後7時

火曜定休






アメリカ食堂のタワーバーガー



写真を見れば分かるでしょう!大変なことになっていますよ。その名も「タワーバーガー」(4104円)。3種類のバーガーを一串に、高さは堂々の約40センチ。見た目だけではなく、漂う香りも通常の3倍なので食欲が刺激され続けます。

タワー「1階部分」の「島豚あぐー沖縄バーガー」はゴーヤーの卵とじも挟まり、ちょうどいいタイミングでやってくる苦味とサクサクとした食感がこの上ないアクセントです。

県産あぐーを惜しみなく使った専門店の本気作。店は国際通りに面しているので、気軽に立ち寄れば最高の思い出になること確実です。




アメリカ食堂

沖縄県那覇市安里1-1-60 地図はこちら

TEL 098-861-8136

午前10時半~午後11時半

年中無休





(2019年4月13日 琉球新報ゴールデンウィーク特集掲載)


WSJ特設サイト

前の記事大竹しのぶ 22歳差深夜デート...
次の記事風も光も気持ちいい うりずんの季...