「二千円札」の行く末は… [まーちゃんのお笑いニュース道場]

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

はいさい! 「旅行に行きたいから、ゴールデンウイークは3日間くらい休みをもらってもいいかな?」と事務所のマネジャーに言ったら「元々スケジュールなんて入っていないので、好きなだけ休んでください」と言われた年中ゴールデンウイーク三流芸人です。

いやいやっ、ゴールデンウイークもちゃんと仕事あるから! 売れている芸人の悪口をSNSに書いたり、お笑いの動画を見たり・・・あっ、それって仕事じゃないの?



お笑いといえば、大阪の劇場「なんばグランド花月」で行われた吉本新喜劇の公演に安倍総理大臣がサプライズ出演したそうで。その日は、大阪と沖縄で衆議院補欠選挙の投票が行われる前日でね。安倍総理は大阪で街頭演説を行っていたらしいからさ。その“ついで”に、“色々なアピール”も含め吉本新喜劇に出演したんだろうね。
ぜひ僕が企画・脚本・演出をしている「お笑い米軍基地」という舞台にも、サプライズで出演してほしいさぁ。6月には新作公演があるからさ。夏の参院選に向けて街頭演説の“ついで”でもいいし、「慰霊の日」に来県する“ついで”でもいいからさ。総理に出演していただくコントの台本はもうできているよ、こんな感じで。


イラスト:なめたけ子

舞台上には仲間外れにされている二千円札君。「一万円札君も、五千円札君も、千円札君も新しいデザインになるのに、どうして僕だけデザインが変わらないんだぁ!」と泣いている。そこへサプライズで総理が登場。「二千円札君、私が助けてあげるよ。どうしたの?」と優しく声をかける総理。
「みんなが僕のことを『使いづらい』とか、『人気がない』とか、『お前はぜんぜん流通してないから、新しくする必要がない』ってイジメるんだ!」と訳を説明する二千円札君。すると総理が一言「私に任せて。君に描かれている沖縄の守礼門の絵柄を、皆に喜んでもらえるように“辺野古の海を埋め立ててV字型の滑走路を造る絵柄”に変えてあげるよ」「わーいっ、ありがとう総理大臣!」。
こうして絵柄が変わった二千円札君は、沖縄の人たちからさらに人気がなくなったとさ。めでたし、めでたし! 

(小波津正光、お笑い芸人)

 



■紙幣、24年全面刷新/1万円 渋沢栄一/5千円 津田梅子/千円 北里柴三郎(4月10日付、1面ほか)

夏の前哨戦で投開票/きょう沖縄3区 大阪12区(4月21日付、2面ほか)

 

 



(2019年4月26日 琉球新報掲載)



前の記事自分をゴキゲンにするスイッチ チ...
次の記事小出義雄さんの長女が明かす“教え...