朝が怖い 働く親のジレンマ ☆えくぼママの沖縄子育て☆

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て中は戦い。

特に働く親の朝と夕方は… 勤務時間や、通勤時間の都合上、朝7:00には家を出て保育園に向かいます。
2人の子供を起こし、食べさせ、保育園まで連れて行くだけで、ひと仕事終わった〜。と汗ビッショリになる日々。

起こしても起こしても、起きてくれない息子と娘を無理やり食卓に連れて行き、まだ目覚めていない子供にご飯を食べさせる事も多くある。
目は閉じているが口はモグモグ。
食べながら目覚める… 絶対良くないよね、と思いつつ、ご飯を食べさせないわけにもいかず。
まるでヒナに餌をあげる親鳥のよう…



食事、歯磨き、着替え。バタバタと準備を終え、ようやく出発!
そんな時に「髪結んで〜」「おトイレー」「まだ遊びたい〜」

予定は大いに狂います。

それなら早く寝かせたら?なんて思うけれど、残業になる日も多く、帰宅してご飯食べて、お風呂に入って… あっという間に21時を過ぎる事も。

朝、ようやく家を出ると、歩く息子に、走る娘。
スピードの合わない2人を怒鳴ったり、無理やり抱いたり。
保育園までの僅かな道のりは子供にとって宝箱のようで、道に落ちている葉っぱを拾ったり、猫に話しかけたり。



そんな子供を微笑んで見ている余裕なんてある訳は無く。
時計を見てはハラハラ、イライラ

「早く」「急いで」。言わないと決めていた言葉を抑える事も出来ず。
毎日反省や、自己嫌悪の朝。
モヤモヤした気持ちで会社に向かう。

働き方、変えなければ。
そんな思いを抱えつつ働かなければいけない現実と向き合い過ごす日々。
・・・なんだか暗いお話ですが、働く親アルアルなのかもしれません。

(えくぼママライター haremama


☆えくぼママの沖縄子育て☆ これまでの記事はこちらから

 



☆ プロフィル ☆


haremama
関西出身の2児の母で、働くママ。
整理収納アドバイザー1級を取得。
関西人の夫と、沖縄生まれ沖縄育ちの息子と娘との4人暮らし。
楽しく晴れやかに過ごせる為の方法を毎日大真面目に考えています。
 

アイコンをクリックして「たいようのえくぼ」ページへ↓

クリックすれば「たいようのえくぼ」へ

 

 

 





前の記事松田龍平 満島似美女と大喧嘩!誕...
次の記事小室圭さん弁護士ならない報道 代...