京アニ22歳新入社員が掴みかけた夢 事件前夜に母へ電話報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
献花台には今も多くの人が訪れている。

『京都アニメーション』で起きた放火事件から1週間が経った7月25日、京都府警が犠牲者となった人たちの身元を特定したと報じられた。そんななか、現場となった第1スタジオ近くの献花台で涙を流す男性がいた。広島県で学習塾を経営する岡村浩規さん。被害者のひとりであるA子さんの恩師だ。A子さんは、今年4月に京アニへと入社したばかりの新入社員だったという。夢いっぱいで入社してから、たった3カ月で起こった悲劇だった。

「彼女は中3のとき、うちの塾に通っていました。教えたのはその1年間だけです。しかし高校に入ってからも、勉強でわからないところがあると聞きに来たりしてね。進路の相談に乗ったりもしていたんです。とにかく明るくて、人懐っこい元気な女の子。どこにいってもすぐに友達がたくさんできる、そんな女の子でした」

中学生のころからアニメ業界で働きたいという夢を抱いていたA子さん。だが親の反対もあり、一度は大学進学の道を選んだ。

「夜間の大学で、入学してからはうちの塾でアルバイトをしていたんです。それで大学2年になったころ、彼女から相談を受けたんです。『先生、やっぱりアニメの世界が諦めきれない。でも相変わらず親からは反対されていて……』というものでした。いっぽうで、お母さんからも『先生、あの子をどうにか諦めさせてもらえませんか』と相談されていました。アニメ業界に進んで、ちゃんと食べていけるのか心配だったようです」

しかし、A子さんは本気だった。そして、ひそかに夢に向かって準備していたのだ。

「大学3年生のとき、彼女が『アニメの専門学校に行く』と言ったんです。いろんな学校の特色も調べ上げていて、学費もすでに準備していました。ほかでもアルバイトをしていて、お金をためていたんです。その本気度を見て、お母さんも認めるようになったのだと思います。それからは日中に専門学校、夜に大学へと通う日々でした。大変だったと思います。でも好きなアニメの勉強をできるのがうれしかったのでしょう。まったくつらそうなそぶりを見せませんでした。むしろ、いつも以上に元気で生き生きとしていましたね」

努力は裏切らなかった。A子さんは狭き門を突破し、京アニへの入社を決めた。

「昨年末に私とA子、そして彼女の幼なじみのB子と3人で会ったんです。そのとき、彼女が『実はクリスマス前に連絡があって……京都アニメーションに就職することが決まりました!』と報告してくれました。第1志望の会社で、本当にうれしそうにしていたのを覚えています。A子は『Free!』という作品に出てくる松岡凛というキャラクターが好きで、『早くそのキャラクターの絵を描かせてもらえるように頑張る!』と言っていました」

『Free!』は京アニが制作する大人気アニメ。高校水泳部男子たちの青春を描いた作品で、13年からテレビや映画でシリーズ化されてきた。7月19日には、来夏の劇場版についての予告編が公開される予定だった。そんな憧れの作品に関わりたくて、第一歩を踏み出したA子さん。実は事件前夜、その夢を掴みかけていたという。

「事件前夜、珍しく実家のお母さんに電話がかかってきたそうです。『今日、やっと憧れのキャラクターの一部を描かせてもらえたんだ! すっごくうれしい!』って。めったに実家に電話することはなかったのに、どうしてもお母さんに伝えたかったのでしょう。ここまで苦労して努力して、ようやく夢が現実になりかけていたところでした。なぜ、その翌日に命を落とさないといけなかったのでしょうか。やりきれない気持ちでいっぱいです」

無情にも閉ざされてしまった“希望の未来”。A子さんは、親しいB子さんにもこんな思いを語っていたという。

「入社後、彼女はB子に『入社したばかりだからまだ線しか描かせてもらえないけど、将来はちゃんとキャラクターを描かせてもらえるようになる。そうしたら、きっとエンドロールにも名前を載せてもらえるはず。そのときは、いっしょに映画を見に行こうね』と言っていたみたいです。しかし、それもかなわぬ夢になってしまいました……」



【関連記事】

京アニ映画の公開続報に「感謝しきれない」とファン感涙

京アニ放火 元刑事が犯人像分析「視野狭くストレス耐性低い」

京アニ放火犠牲者に女性多数の理由 憧れの職場で夢抱いていた



WSJ特設サイト

前の記事笑いと恐怖は紙一重!? 沖縄お笑...
次の記事【動画】岩の上の定位置に戻る賢い...