漫才師に挑戦!渡辺大知「間宮祥太朗とのコンビも息が合った」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「がむしゃらに、自分のやりたいことに向かって熱くぶつかっていく若者たちの姿が描かれています。ドラマを見て、漫才師になりたいという人が出てきてくれたら、こんなうれしいことはないです!」

そう語るのは、ドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系・土曜23時15分~)で、漫才に初挑戦中の渡辺大知(29)。彼が演じる辻本潤は、高校生ながら元プロのお笑い芸人だ。転校先で出会った主人公・上妻圭右(間宮祥太朗・26)の笑いにかける情熱に心を揺さぶられ、圭右を誘って漫才コンビの相方となる。

「撮影中は、漫才ができているのかどうかわからない不安はありました。でも、漫才って楽しい! と思いましたし、間宮くんと徐々に息が合っていくのを感じました。ドラマの制作発表で漫才を披露したときも、ネタ合わせを1回したくらいでしたけど、お互い安心感があるなかでやれたのはよかった。“間宮くん、こういうノリは面白がるだろうなあ”とわかるようになったのは自分でも驚きました(笑)」

演出は、芸人であり、クリエーターとしても活躍する劇団ひとり(42)。

「ひとりさんは、僕を“辻本さん”と役名で呼んで、本当にドラマの登場人物と話すように接してくれました。演者もされているので、僕らの気持ちの部分を大事にして『この場面、どういう気持ちになりますか?』と聞いてくださる」

俳優デビューから10年。音楽活動と並行し、その独特の存在感で、近年は主演作も急増している。

「音楽と演技を両方やっていることが自分には向いている。そう思うようになってから、1本、1本の作品に勝負を懸けて臨むようになりました。作品がよくなるんだったら、演出の方とかに嫌われてもいい覚悟でぶつかっていこうって思ってやっています」



【関連記事】

渡辺大知「僕も高校でバンドを」。『べしゃり暮らし』への共感

ドラマ好き女性記者による女性のための2019夏ドラマ座談会

志尊淳 間宮祥太朗との公開イチャイチャにファン「尊い」と悲鳴




前の記事「ソーローメーシ」って知ってます...
次の記事強く、優しく、たくましい 海の安...