時代のアイコン

時代のアイコン

エリアごとの情報をお届けします:

「こんな字を書くのか・・・」祖母の文字に心震え—本...

マキさんが祖母と交換ノートを始めたのは2018年のウークイから。パーキンソン病を患っている祖母の...

東松照明の写真に惹かれ沖縄に ―本村ひろみの時代の...

美術手帖創刊70周年を記念して5年ぶりに行われた「芸術評論」の公募に沖縄県立芸術大学の博士課程に...

「光の量」と「素材」を追い求めてー本村ひろみの時代...

江戸時代から続く「つるし雛」は、生まれてきた子供の幸せを祈りながら母親や祖母が糸に布で作った人形や飾...

「オレの人生あかんなぁ」のマインドから目標に走り続...

映画製作の為の借金、バイト漬けの日々、心身ともに疲弊しそのうえ人間不信になって、とうとう10万だけを...

「なぜ」の質感にとらわれて―本村ひろみの時代のアイ...

県外の個展で初日開店前にお客さんが並んでいる。器が出たら即完売。欲しくてもなかなか手に入らない。そん...

このユニットは時代の産物、強力!-本村ひろみの時代...

ファッション雑誌をめくっては「トーキョー行きたい」と思っていた70年代。肩パッドの入ったジャケット着...

ゆらゆらとフワッとした浮遊感 - 本村ひろみの時代...

3年前の9月、県立芸大の図書館に向かっていた時のこと。午後の暑さ厳しい時間、校内は静まり返っていた。...

布に自然を染めあげ沖縄の風まとう ー 本村ひろみの...

作家・平松洋子さんのエッセイを読むと、いろいろと共感して感極まっておもわず体をくねらせてしまう。例え...

眼差しの先にある未来 -本村ひろみの時代のアイコン...

「あらゆることに対して素直になれ、心を開き、耳を傾けよ」 1950年代、アメリカのビート世代を代表す...

シャイな彼の作品は雄弁に語る-本村ひろみの時代のア...

ある日午後2時頃、知人から以下のメールをもらった。 「先日お話した若手アーティストさんが個展を開催中...

「進化し続ける花鳥画」-本村ひろみの時代のアイコン...

とっくの昔に沖縄県立芸術大学の研究科を卒業したというのに、今でも機会があれば、学生気分で集中講義や特...