時代のアイコン

時代のアイコン

エリアごとの情報をお届けします:

ポッケにminiヤギを忍ばせてー本村ひろみの時代の...

那覇市内とは思えない牧歌的な風景が広がる場所がある。沖縄県立芸術大学の首里崎山キャンパスにある彫刻...

「目は最後に描く、それで絵が決まる」ー本村ひろみの...

「空間表現展」(12/18〜12/22)の搬入準備で忙しい中、県立芸術大学絵画棟の彼女のアトリエに...

“わざわざ”という行為の温かみー本村ひろみの時代の...

「効率的にやる」という発想が重要視されるこの時代に、中島聖二郎さんの作品は真逆な考え方を提案する。...

消失を記憶する-本村ひろみ時代のアイコン(16) ...

首里の祖母の家をアトリエにして制作をしている玉城綾乃さん。昔ながらの祖母の家は時の流れがゆるやかで...

しんどくも優しい世界—本村ひろみの時代のアイコン(...

秋色の人。 なかんだかりさんの第一印象だ。キャメル色のベストにブラウンのシャツ、細身のスラックスに...

蓮の花のように力強くまっすぐ— 本村ひろみの時代の...

切れ長の目に勢いのある筆の線で描かれた漆黒のアイライン。たおやかな表情で研究室に迎えてくれた希和子...

〝釣具屋の少年〟が描く海の世界— 本村ひろみの時代...

風景として海を描くのと、光の届かない海の中の世界を描くのでは、同じ「海」をテーマにしている絵画でも...

自然を、生き物を、世界を観察する眼差し— 本村ひろ...

まっすぐに正面を見つめた人物の頭から横に大きな翼が生えている。まるで静まった闇の中を覗き見るような...

「こんな字を書くのか・・・」祖母の文字に心震え—本...

マキさんが祖母と交換ノートを始めたのは2018年のウークイから。パーキンソン病を患っている祖母の...

東松照明の写真に惹かれ沖縄に ―本村ひろみの時代の...

美術手帖創刊70周年を記念して5年ぶりに行われた「芸術評論」の公募に沖縄県立芸術大学の博士課程に...

「光の量」と「素材」を追い求めてー本村ひろみの時代...

江戸時代から続く「つるし雛」は、生まれてきた子供の幸せを祈りながら母親や祖母が糸に布で作った人形や飾...

「オレの人生あかんなぁ」のマインドから目標に走り続...

映画製作の為の借金、バイト漬けの日々、心身ともに疲弊しそのうえ人間不信になって、とうとう10万だけを...