タグ: の記事一覧

手にする人の想像を大切にしたいから作品に名前は付け...

竜子さんの作品は見るものの想像力を引き出す。 例えば、まだ生けられていない花の姿が花器をとおして...

時代のアイコン

鉄板が錆びるまで時をおく。植物を育てる気持ちで作品...

金城徹の作品を表現する言葉はとても詩的だ。 透明なアクリルのフェンスに舞う鉄の蝶の作品「あなたの...

時代のアイコン

鞄にはいつも描きかけのドローイング、日々を積み重ね...

蛍光色の黄色や明るいサーモンオレンジ、ピンク、目の覚める赤に鮮やかなブルー。そして流れるようなライ...

時代のアイコン

絵一本で生きていく未来を夢見てー本村ひろみの時代の...

絵が上手な人はどうやって描いているのだろう。これは昔からの疑問。 美大受験の予備校で、初めて...

時代のアイコン

脈々と受け継がれる若い感性。故郷を思いながら作る器...

そぎ落としていった先に現れる美―。 日本の焼き物や彫刻という工芸を見るたび、私はこのことを思い出...

時代のアイコン

ロシアで確立した、アーティストとしてのオリジナルス...

「華のある人」 染色芸術家・根路銘まりさんは、第一印象から目の離せない雰囲気のあるたたずまいをし...

時代のアイコン

今、できることに全力投球!ー本村ひろみの時代のアイ...

「小さい頃は兄の後をついていくような少年でした」 幼い頃の話を伺うと2歳年上のお兄さんの話を始め...

時代のアイコン

36歳BANKIYO!日々自分との闘い。何かやる。...

アーティスト自身が作品のような存在感。BANKIYO(バンキヨ)さんはそんな印象の人だ。BANKI...

時代のアイコン

「3世代先まで残る、愛着ある絵本を作りたい」ー本村...

savaさんの名前は魚のサバに由来している。 3歳から始めた水泳のおかげで県大会に出場するほど泳...

時代のアイコン

工芸と現代アートの枠を越えた唯一無二のものを作るー...

インスタグラムで彼の作品を初めて見た時、ゾクッとした。そして目がくぎ付けになった。耳、人の手、顔顔...

時代のアイコン

大切な思い出のシーンに残る「かぞくふく」を目指して...

この原稿を書く時は、いつもBGMを流している。アーティストの世界観を自分なりに解釈するためだ。すぐ...

時代のアイコン