エリアごとの情報をお届けします:

タグ: の記事一覧

NEW!

現代図柄と古典の融合 紅型作家の知花幸修さん

 丸筆とはけがくるっくるっと手の中で回転し、交互に布地を染める。宜野湾市嘉数の紅型研究所・染千花の知...

NEW!

こだわり凝縮 香り立つ 県産紅茶

 深く鮮やかな色合いに、湯気と共に立ち上る香り。沖縄の大地に根を張り、強い日差しを浴びて育った茶葉か...

神の島に癒やされて 浜比嘉島

 肌寒い2月上旬、うるま市観光物産協会の「沖縄・うるま市・ガイドツアー」に参加した。かつては沖縄本島...

恩返し込め歌う 川村健一さん(「ラコルド」の歌三線...

 県内を拠点に活動する歌三線とピアノの2人組ユニット「ラコルド」。メンバーの一人で歌三線担当の川村健...

泡盛女子 気軽に一杯 広がるカクテル

 「強い、臭い、おじさんのお酒」として若者や女性に敬遠されがちな泡盛。そのイメージを拭い去るため、T...

栄養満点、心もぽかぽか カンダバージューシー

 ぐつぐつと音を立てる鍋の中からカンダバーとサバの匂いが漂う。台所で「カンダバーのボロボロジューシー...

ゆったり アートの世界 世界一小さな現代美術館、大...

 サトウキビ畑や民家が連なる糸満市米須に、世界一小さな現代美術館キャンプタルガニーがある。赤瓦にシー...

炎と土の最高傑作 壺屋焼の相馬正和さん

 粘土の塊がある。そこに読谷村座喜味の壺屋焼陶眞窯の相馬正和さん(67)の手が加わると、器の形が掘り...

きらめく「貝」 時を超え 螺鈿 新たな可能性

 淡い紫色をたたえる夕暮れ時の空のようだ。表面を虹色で覆うシャボン玉を連想する。琉球漆器の技法「螺鈿...

色彩豊か 春を体感 名護城

 例年1~2月は県内各地で、華やかなピンクのヒカンザクラが楽しめる。桜の名所の一つが名護城だ。名護市...

協業で日常に彩り 真喜志奈美さん(D&D OKIN...

 沖縄の手仕事の新たな魅力を創造する「D&DEPARTMENT OKINAWA」プロデューサーの真喜...

特別な1枚 沖縄で 注目集めるロケーションフォト

特別な1枚 沖縄で 注目集めるロケーションフォト

 屋外など撮影場所を自由に選び、自分たちだけの特色ある写真撮影を楽しむ「ロケーションフォト」が人気を...