未来に伝える沖縄戦

 沖縄戦から66年となった2011年の9月10日付から掲載を始めた「未来に伝える沖縄戦」。戦争体験者の高齢化が進んでいる現在、今の子どもたちは体験者から直接話を聞ける最後の世代になっています。沖縄戦の貴重な証言を記者が子どもたちと一緒に聞きながら記録し紙面を通じて伝えています。記事は戦争体験者の話の内容に合わせて「私が幼かったころ」「失われた青春時代」「故郷を離れて」の3つのテーマに分けて掲載しています。2度と戦争を繰り返さないために、平和な社会を続けていくために、決して私たち沖縄県民が、日本国民が忘れてはいけない沖縄戦や第2次世界大戦の体験、戦争経験者の悲惨な体験に基づく心からのメッセージを記事を読むことで受け止めていただければ、と考えています。