駿羽君と一緒に

 人工呼吸器を着けた湯地駿羽君が那覇市立高良小学校を卒業した。人工呼吸器を使用する児童が普通学校に通うのは県内で駿羽君が初めて。幼稚園からの7年間を振り返りながら、医療的ケア児の教育やインクルーシブ教育の実践について考えたい。