社会

黄色一面、ヒマワリ満開 園児が種まき、花開く 本部・備瀬

鮮やかな黄色の花がまぶしいひまわり畑=26日午前10時半ごろ、本部町備瀬(又吉康秀撮影)

 本部町備瀬の畑に地元保育園児らが種をまいたヒマワリが満開となり、訪れる人を楽しませている。

 夏空と黄色い花のコントラストが美しく、農地を所有する具志堅正孝さん(65)は「フクギ並木と一緒に見てほしい」と呼び掛けた。


 ヒマワリ畑は「備瀬出口バス停」そばにあり、千坪(約3300平方メートル)の農地に約6キロの種を植えた。来週いっぱいまで見ごろだという。

 26日午前には、種をまいた、ゆい保育園の園児らが見学した。宮原金将ちゃん(3)は「黄色くて奇麗」と声を弾ませた。



本部町備瀬の農地でヒマワリの花が満開になっています!

約1000坪の土地に、ヒマワリがびっしりと立ち並び、あたり一面を黄色に染めています。