政治

スペイン・カタルーニャ自治州とはどんな場所? 住民投票経て独立宣言 政府は反乱罪で州閣僚ら訴追

実刑判決が言い渡された前州閣僚らの釈放を求める人々=10月18日、カタルーニャ自治州(友知政樹氏提供)

 カタルーニャは西暦988年にバルセロナ伯家によって建国され、13~15世紀には地中海に領土を広げ、中継貿易で繁栄した。しかし15世紀のカスティーリャ王国との統合以降、中央集権化が進む。スペイン継承戦争で誕生したブルボン朝によって1714年、バルセロナが陥落してカタルーニャは独立性を失う。1939年以降のフランコ独裁政権下でも抑圧された。

 75年にスペインが民主化するとカタルーニャ自治憲章が制定され、地方分権が進む。2006年にさらに自治権を拡大した新自治憲章がスペイン国会で成立したが、スペイン最高裁は10年、憲章を違憲と判断した。

 自治拡大を求める人々は12年、バルセロナで150万人(州警察発表)のデモを行い、独立を訴えた。15年の州議会議員選で独立派が過半数を獲得。17年10月1日の住民投票で90・18%が独立に賛成した。州議会は独立宣言を可決した。

 スペイン政府は投票を主導したのは反乱罪に当たるとして当時のカルラス・プチデモン州首相らを訴追。19年10月14日、州政府前副首相ら当時の閣僚、市民団体代表らに禁錮9~13年、罰金などの実刑判決を言い渡した。抗議する市民がバルセロナ空港などで大規模なデモを展開した。州内の5地域から3日間かけてバルセロナを目指す「自由のための行進」も繰り広げられるなど、抗議のうねりが広がっている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス