地域

国頭村の沖合で竜巻発生か 雨雲が細長くろうと状に 9月30日に確認

竜巻とみられる、海面まで達するろうと状の雲=9月30日午後2時40分ごろ、国頭村与那から撮影(山川勇さん提供)

 沖縄県国頭村与那区の沖合で9月30日午後2時40分ごろ、竜巻のようなものが確認された。沖縄気象台は当日午後、国頭村に雷注意報などを出していた。画像を確認した沖縄気象台は「竜巻のように見えるが、目撃情報などを詳しく確認しなければ断定できない」としている。

 画像では雨雲が細長くろうと状に垂れ下がり、海面に接しているように見える。撮影したのは大宜味村の山川勇さん(66)。与那区の国道58号沿いで、10分間に3個の竜巻らしきものを確認した。大雨がやんだ後に消えたという。

 山川さんは「びっくりした。できればもう遭遇したくない」と話した。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス