社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

新型コロナ670人感染、変異株確認なし(9月23日朝)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は22日、県内で10歳未満から90代の670人の新型コロナウイルス感染を発表した。年代別では10代が128人と最多で、30代が109人、10歳未満が103人、40代が98人などとなっている。入院患者は176人で、病床使用率は県全体で24・6%。圏域別では本島27・7%、宮古4・5%、八重山16・7%。

 5~11日に実施した変異株スクリーニング検査では変異株「BA2・75(通称・ケンタウロス)」の感染者は確認されなかった。BA2・75は8月28日~9月4日に実施した検査で県内で初確認されていた。福祉施設内での療養者は高齢者施設で189人(酸素投与6人)。(中村万里子)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス