エンタメ

きいやま商店が歌った~!! ワイ!ワイ!ワイ!

新アルバムの発売ライブで熱唱するきいやま商店の(左から)リョーサ、だいちゃん、マスト=14日、那覇市のパレット市民劇場

 石垣市出身の兄弟、いとこで活動するエンタメユニット「きいやま商店」の新アルバム「ロックンロールびーちゃー」発売ライブツアーファイナルが14日、那覇市のパレット市民劇場であった。福岡、大阪、名古屋、東京と4都市を回り、地元沖縄で締めくくったライブ。だいちゃんが「ホームに帰ってきた」と話す通り、きいやま商店の衣装でおなじみのハットをかぶった小さい子どもからお年寄りまで幅広いファンと共に、アップテンポの曲を中心に熱気あふれるライブを展開した。

 ライブが始まって数曲演奏した後、マストが奏でるギターにアクシデントが発生。時間をつなごうとツアーファイナルを題材にした即興の歌で会場を沸かせた。
 「ハブとマングース」は手にハブとマングースをかたどった手袋をはめたファンと簡単な振り付けで一体感をつくり上げた。表題曲の「ロックンロールびーちゃー」やTHE WALTZの名曲をカバーした「WOOーTOO―TOO」などアルバムからの曲を次々と披露する。
 きいやま商店初のバースデーソングの「誕生日がやって来たワイ!ワイ!ワイ!」では、会場を訪れ当日誕生日を迎えたファンの名前を歌に当てはめて歌うなど、サービス精神を忘れない。

 3人それぞれのシンボルカラーと言っていい赤、青、黄のスポットライトに照らされ、ラテンのリズムを想起させる「ドゥマンギテ」では手拍子、座っていたファンも思わず立ち上がってリズムを刻まずにはいられない。リョーサは三線とブラジルの弦楽器「カバキーニョ」を巧みに使い分け、だいちゃんはステージの中心で熱い歌声を、マストはギターを軽快に響かせた。
 アンコールではユニット名の由来となった祖母との思い出を紡ぐ「土曜日のそば」などを歌った。すぐに覚えやすい振り付け、キャッチーな音楽。MCでも笑いは絶えず、約2時間半のライブは時間の流れを感じさせなかった。目標の紅白歌合戦出場まで走り続ける。(大城徹郎)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス