社会

首相、かりゆしウエアで閣議 「涼しく気持ち軽やかに」

 閣議に臨む安倍首相(中央)ら=7日午前、首相官邸(共同通信)

 【東京】安倍晋三首相と全閣僚は7日午前、かりゆしウエアで閣議に臨んだ。1日の「かりゆしウエアの日」に合わせ、6月最初の定例閣議での着用は2007年以来恒例で、今回で10回目となる。安倍首相は官邸に到着した際、翁長雄志知事から贈られた青色のかりゆしの着心地を問われると「涼しくて気持ちも何となく軽やかになりますね」と記者団に語った。

 閣議後会見で島尻安伊子沖縄担当相は「着用して閣議に臨んだが、評判も上々だった。着心地が良くて夏を快適に過ごすには適した服で、普及を期待している」などと述べた。菅義偉官房長官は「閣僚が着ることにより、国民が沖縄の伝統を知る機会になればと思う」と述べた。
【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス