社会

高江着陸帯工事再開阻止で集結 抗議集会に約1600人

ヘリパッド建設反対を訴え、ガンバロー三唱する集会参加者ら=21日午後、東村高江のヘリパッドN1ゲート前

 【東・国頭】政府が米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の工事を再開しようとしている問題で、反対する抗議集会が21日午後2時、新たなヘリパッドの建設が予定されているN1地区ゲート前で行われ、約1600人(主催者発表)が集結した。政府は22日早朝からゲート前を通る県道70号を複数箇所封鎖した上で、市民らがゲート前に止めている車両やテントなどを撤去する方針。登壇者は政府の強硬姿勢を「県民への脅迫だ」「安倍政権の横暴だ」と批判し、「みんなで一緒に闘う」「県民の団結で追い返そう」と抗議行動で建設を阻止する決意を新たにした。

英文へ→Protest rally against helipad construction in Takae attracts 1,600


 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス