忌野清志郎さんの「JUMP」などを熱唱し、会場を盛り上げたGYMMのメンバー=5日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇

 「第11回おやじラブロックフェスティバル」(主催・おやじラブロックフェスティバル実行委員会、共催・琉球新報社、特別協賛・沖縄銀行、EY税理士法人)が5日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で開幕した。同スタジアムでの開催は初めて。

 初日の5日には県内11組のアマチュアバンドが出演し、「おやじロッカー」の熱演に詰め掛けた観客らは、歓声を上げたり、体でリズムを刻んだりして盛り上がった。

 家族3人で参加した小嶺努さん(48)=那覇市=は「最初はスタジアムの席で見ていたが、みんな楽しそうで思わずステージ前に来てしまった。やっぱりおやじのパワーはすごい」と興奮冷めやらぬ様子。長女の愛瑠さん(11)は「初めて来たけど楽しかった」と笑顔を見せた。

 スタジアム周辺では食の祭典「グルメフェスタ」を開催するほか、民間救急ヘリMESHを運営するNPO法人メッシュ・サポートが、会場内で支援の募金を呼び掛けている。

 最終日の6日は同会場で午後1時に開演。アマチュアバンド10団体とジョニー宜野湾バンドがゲスト出演する。入場料は2千円(高校生以下は無料)。5日のチケット半券を提示すると千円で入場できる。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス