社会

広島被災支援でイベント 沖縄ラテンユニット「Soluna」三浦さん 豪雨の惨状知り企画

沖縄ラテンユニット「Soluna」の三浦慎司さん

 沖縄県内を中心に活動する沖縄ラテンユニット「Soluna」(ソルナ)のギター・三浦慎司さん(38)=浦添市=が、西日本豪雨で被害を受けた出身地の広島県を支援しようと、県内の音楽仲間らに声を掛けて無料の音楽イベントを企画している。

 「広島豪雨災害支援チャリティーイベント・いまぼくらができることfrom OKINAWA」(西日本豪雨災害沖縄支援の会、Office Soluna主催)と題し、8月3日午後5~7時、那覇市のパレットくもじ前広場で開催。会場に募金箱を設置し、来場者から義援金を募る。生まれ育った広島市南区は今回大きな被害はなかったが、周辺地域は深刻な被害を被った。報道でふるさとの惨状を知るにつれ「できることを何かしないといけない」と、チャリティーイベントを思い付いた。

 沖縄に住んで約16年。音楽活動を通して広がった仲間らに無料イベントへの協力を依頼すると快く応じてくれた。歌手の下地イサムさん、「ジョニー宜野湾&WALE WALE」、琉星太鼓ら計8組が出演する予定だ。

 三浦さんは「沖縄から元気、パワーを送りたいとの思いに賛同してくれた」と感謝し、イベントの成功を誓った。

 イベント情報はSolunaのホームページで公開する。アドレスはhttp://www.soluna-music.com/
 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス