「チムグクルで日韓の友好推進を」 玉城知事、関係悪化で負の連鎖懸念

日韓関係の改善のために「チムグクル」の交流推進をPRする玉城デニー知事=6日午後3時半ごろ、沖縄県庁

  沖縄県の玉城デニー知事は6日、県庁で定例記者会見を開き、悪化する日韓関係に懸念を示した上で「観光やビジネスなど各種交流事業で沖縄を訪れる韓国の人々を沖縄のまごころ(チムグクル)で対応する」とする声明を発表した。
  
  声明で玉城知事は「今のまま不安定な状態が続くと、両国にとって経済や文化交流などに大きな損失が危惧される。経済のみならず、文化、スポーツの交流までが萎縮し、各方面に損失が広がるという負の連鎖が起こる」と強調。国内外から訪れる観光客を「うとぅいむち(おもてなし)」の心で温かく迎える「ウェルカムんちゅ」運動を推進していることを挙げ、「これからも最大限のうとぅいむちで韓国から訪れる人に対応したい」とした。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス