社会

「新基地造らせない」 5.15平和行進1100人、辺野古から出発

「基地も核も戦争もない21世紀の世界を実現しょうと」と訴えながら平和行進する東コースの参加者ら=16日午前9時50分、名護市辺野古(諸見里真利撮影)

 沖縄の日本復帰から42年を迎え、第37回5・15平和行進出発集会(同実行委、沖縄平和運動センター主催、フォーラム平和・人権・環境協力)が16日午前9時、名護市辺野古で開かれた。東、西、南の3コース合同で開いた。国内外からの約1100人(主催者発表)の参加者は政府が米軍普天間飛行場の代替施設建設計画を進める辺野古の海に臨み、新基地建設や集団的自衛権行使容認に反対の意思と連帯をあらためて確認した。

 主催者代表で山城博治実行委員長は「辺野古に新基地、高江にヘリパッドを造らせない私たちの決意に水をぶっかけるような政府のやり方に立ち向かい、沖縄から全国の仲間と共に、発信していこう」と呼び掛けた。
 集会後は東コースが辺野古を出発し、西、南コースはそれぞれの出発地である読谷村、糸満市へバスで移動した。3コースには同日、約1100人が参加、各地の米軍基地や沖縄戦の戦跡を巡り、46・1キロを歩く。
【琉球新報電子版】
英文へ→Peace march to mark the 42nd anniversary of Okinawa’s reversion to Japanese sovereignty



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス