人事・訃報

新島正子さん死去 料理研究家、琉球料理普及、人材育成に尽力

新島正子さん

 沖縄初の料理学校を1959年に設立、琉球料理の普及や調理師育成に尽力した料理家の新島正子(にいじま・まさこ)さんが4日午前6時50分、老衰のため南城市の特別養護老人ホームで死去した。98歳。那覇市首里当蔵町生まれ。告別式は7日午後2時から3時、那覇市銘苅3の22のサンレー那覇北紫雲閣で行う。喪主は長女又吉桃子(またよし・ももこ)さん。

 1936年に東京家政学院専門部を卒業。59年に県内初の料理学校である新島料理学院を設立した。家庭料理普及の傍ら、琉球料理研究会を主宰して普及に努めた。沖縄国際海洋博覧会を翌年に控えた74年、沖縄調理師専門学校を設立して調理師育成にも尽くした。92年には沖縄伝統ブクブ茶保存会を立ち上げ、満州会初代会長(2001~09年)を務めた。
【琉球新報電子版】