経済

日本カーオブザイヤーはデミオ マツダ車の受賞は2年ぶり

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選出されたマツダの「デミオ」

 自動車雑誌などで構成する日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は13日、ことしの最も優れた車に贈る賞「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に、マツダの新型「デミオ」を選んだ。マツダ車の受賞は2012年のスポーツタイプ多目的車(SUV)「CX―5」以来、2年ぶりとなる。
 デミオは9月に全面改良したマツダの主力小型車。200万円を切る価格でディーゼルエンジンを搭載したモデルを用意し、消費者の選択肢を広げた。実行委員会は「国産コンパクトカーの常識を打ち破るデザイン、クオリティー、テクノロジーを低廉な価格で実現した」と評価した。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス