経済

東証、1万5千円割れ 2カ月ぶり安値

 連休明け14日午前の東京株式市場は、前日の米国市場の大幅な株安を嫌気した売り注文が広がり、日経平均株価(225種)は1万5000円を約2カ月ぶりに割り込んだ。下落幅は300円を超えた。
 午前9時15分現在は前週末終値比337円ちょうど安の1万4963円55銭。東証株価指数(TOPIX)は28・41ポイント安の1214・68。
 前日のニューヨーク市場でダウ工業株30種平均が終値で200ドル以上も下落した。欧州などに景気減速の懸念が広がっており、日本にも悪影響があるとして東京市場でも取引開始直後から売り注文が先行した。
(共同通信)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス