社会

大学への脅迫電話は1回か 業務妨害容疑で逮捕の男

 従軍慰安婦問題の報道に関わった朝日新聞の元記者が非常勤講師を務める北星学園大(札幌市厚別区)への威力業務妨害事件で、逮捕された新潟県燕市の施設管理人上村勉容疑者(64)が、大学に電話したのは逮捕容疑となった1回だけとみられることが24日、厚別署への取材で分かった。
 同署によると、上村容疑者は自宅の固定電話を使い、応対した警備員に「爆弾を仕掛けてやる」などと一方的に話して電話を切ったといい、計画性がない衝動的な犯行の疑いがあるとみている。
(共同通信)



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス