経済

10商品を表彰 特産品フェア「ありんくりん市」

第17回商工会特産品フェア「ありんくりん市」特産品コンテストの受賞者ら=24日、那覇市の奥武山公園

 新たな県産ブランドを紹介する第17回商工会特産品フェア「ありんくりん市」で特産品コンテストの表彰式が24日、沖縄の産業まつり会場内で開催された。最高賞の県知事賞は、食品部門が崎山酒造廠(金武町、崎山和章社長)の「泡に恋して」、非食品部門がyu―i FACTORY(ユーイファクトリー)の「ハブ革財布・クガニロング(長財布)」(南風原町、幸地賢尚代表)だった。そのほか受賞8商品に賞状が贈られた。

 ありんくりん市は、県商工会連合会が主催している。同連合会の照屋義実会長は「これだけ多くの県産品が集まる祭りはなかなかない。県内にある島々の恵みを紹介できたらいい」とあいさつした。
 受賞者を代表して崎山酒造廠の崎山朝啓常務兼営業部長とユーイファクトリーの幸地代表があいさつ。崎山常務兼営業部長は「設備投資はもちろん技術の苦労もあった。この名誉に恥じぬよう今後も精進する」、幸地代表は「伝統工芸として位置付けられるまで、頑張っていく」と述べた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス