スポーツ

ヤンキース田中、次戦の登板回避 右太もも裏に「張り」

ヤンキースの田中将大投手

 【ニューヨーク共同】米大リーグ、ヤンキースは20日、田中将大投手が右太もも裏の張りのため23日(日本時間24日)のブルージェイズ戦の先発登板を回避すると発表した。ア・リーグ東地区首位を争う宿敵との対戦がなくなった田中は「すごく悔しい」と話した。

 18日に2試合続けて中4日の登板間隔でメッツ戦に先発し、二回の打席でバントをして走りだした際に痛めたという。その後も投げ続け、6回2失点だった。19日に磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受け、軽度の張りと診断された。
 田中は「大きな問題があるなら、その後マウンドには立ってない」と軽症を強調。
(共同通信)