社会

沖縄に雪が降る? 23~25日「過去最強の寒気」

 沖縄気象台などによると、23日から25日にかけて南下する強い寒気の影響で、沖縄地方は強い冬型の気圧配置になる見込みだ。気象予報士は「過去最強クラスの寒気」として、寒気が流れ込んだ場合に沖縄でも雪やみぞれが降る可能性を指摘している。

 週間天気予報では24日、那覇の最低気温は8度となり、平年値の最低気温14・3度を6度下回る見通し。
 お天気キャスターの森田正光さんらのブログで、気象予報士の福岡良子さんは、久米島でみぞれを観測した1977年2月17日を例に「沖縄でも雪が降った時に匹敵するような冷え込み」になると予想している。
 気象台によると、久米島で雨と雪が交じった状態の「みぞれ」が観測された77年の久米島の最低気温は6・7度だった。一般に地上では3度以下、上空1500メートルでマイナス6度以下になると、平地で雪が降る目安になるという。
 統計上はみぞれは雪に入るが、気象台は雪などを確認する場合の方法について「黒い傘を置き、標高の高いところで観測した方が分かりやすいだろう」としている。



琉球新報