社会

久米島、名護市でみぞれ 気象上「雪」 39年ぶり史上2度目 

宜野湾市上原で確認された「みぞれ」とみられる白いもの=24日午後7時39分(読者提供)

 沖縄気象台は24日、名護市と久米島町でみぞれを観測した。県内で雪を観測したのは、1977年2月17日に久米島でみぞれが観測されて以来、39年ぶり2度目。沖縄本島では初めて。

 

 みぞれは雪と雨が混ざったもので、観測分類上は雪となる。久米島町謝名堂で午後9時56分から同10時2分、同10時16分から同58分の2回、観測された。名護市宮里でも午後10時26分から同41分にみぞれが降った。【琉球新報電子版】



琉球新報