社会

県、インフルエンザ警報発表 南部、那覇、宮古で患者増

 県は3日、1月25~31日の1定点医療機関当たりのインフルエンザ報告数が34・29人に上り警報基準の30人を超えたとして、今季初めてインフルエンザ警報を発表した。58定点医療機関合計の患者数は1989人で、前週からほぼ倍増した。那覇市も市保健所管内で同警報を発表した。

 保健所別は南部が52・71人で最多。那覇42・67人)、宮古30・75人も警報レベルを超えた。中部は25・55人、北部は14・60人、八重山は10・67人。