社会

沖縄で再会心待ちに キャラバン隊、ブラジルで大会説明

ウチナーンチュ大会の説明を受けるブラジルの県系人ら=11日夜(現地時間)、サンパウロ市内

 【ブラジル11日=長浜良起】10月に沖縄県で開催される「第6回世界のウチナーンチュ大会」への参加の呼び掛けで、南米4カ国を巡っている県の「南米キャラバン隊」(団長・安慶田光男副知事)は11日夜(日本時間12日早朝)、ブラジル・サンパウロ市の在伯沖縄県人会館で大会説明会を行った。

前回大会を紹介するDVDが流れると、各国から参加するパレードや沖縄の海の映像に笑顔を見せる参加者も見られた。
 参加した比嘉セルジオさん(72)=沖縄市2世=は「前回大会に参加し、いい経験になった。今回も夫婦で行く。妻の親戚にも会いたい」と話した。



琉球新報