教育

全日0・99倍、定時0・54倍 県立高入試の初回志願状況

 県教育庁は15日、2016年度県立高校一般入試の初回志願状況を発表した。全日制と定時制を合わせた全体の倍率は0・97倍(前年度比同)だった。全日制には一般入学定員1万2446人に対し、1万2361人が志願し、倍率は0・99倍(前年度比同)となった。定時制の一般入学などの定員519人に対しては、志願者数279人で、倍率は0・54倍(同0・06ポイント減)。

 一般入試などの志願者は全体で1万2640人と、前年度比で145人減少した。志願者のうち現役生は1万2493人(同111人減)、過卒生は133人(同33人減)となった。
 志願変更の申し出期間は19、22の両日(両日とも午前9時から午後5時まで)。願書取り下げ、再出願期間は25日(午前9時から午後5時まで)と26日(午前9時から午後4時)。試験は3月9、10の両日に実施され、合格発表は同16日に行われる。



琉球新報
関連するニュース