社会

100件の相談 52件が法令違反 連合沖縄の労働ダイヤル

 連合沖縄が2015年1~12月に実施した「なんでも労働相談ダイヤル」に100件の相談があり、うち52件が法令に違反する内容だったことが23日までに分かった。

 100件の主な内訳は、賃金未払いや不払い残業などの「賃金関係」の相談が25件で、このうち法律違反は21件あった。解雇や退職強要、契約打ち切りなどの「雇用関係」は19件で9件が法律違反だった。雇用契約・就業規則・雇用形態などの「労働契約関係」は16件中9件が法律違反だった。
 連合沖縄は引き続き行政との連携や経済団体への要請、沖縄労働局が開催する審議会への対応を強化する必要があるとしている。労働相談ダイヤルは(電話)(0120)154052。