政治

県、係争委に不服申し出 「是正指示」の取り消し勧告求め

国土交通相の是正指示を不服とし、国地方係争処理委員会に審査を申し出たことを説明する翁長雄志知事=14日午後2時半すぎ、県庁

 米軍普天間飛行場移設計画に伴う名護市辺野古の埋め立て承認を取り消した翁長雄志知事に国土交通相が是正の指示を出したことを受け、翁長知事は14日午後、会見を開き「是正の指示を取り消すべきであるとの勧告を求め、国地方係争処理委員会に申し出た」と発表した。

 県は、この日発送した申出書で(1)指示文書に指示の理由が記されておらず、地方自治法の定めに反している(2)具体的な理由・事実が一切記されていない以上、取り消しに関する法令違反の事実を認めることはできない―ことなどを主張している。
 翁長知事は「和解成立後、直ちに是正の指示が出たことは残念だ。係争処理委には中立・公正な審査をお願いしたい」と述べた。
 辺野古代執行訴訟で県と国が合意した和解条項では、国が訴訟を取り下げて工事を中断する代わりに、地方自治法に基づき代執行手続きよりも強制力が弱い是正指示から法的な争いをやり直すことが決まっていた。係争処理委は申し出から90日以内に結論を出す。【琉球新報電子版】



琉球新報