経済

琉銀、顧客情報37人分紛失 「流出の可能性極めて低い」

 琉球銀行(金城棟啓頭取)は25日午前、顧客情報を記載した「融資期日管理表」25枚(記載人数37人分)の紛失が判明したと発表した。ローン管理事務のために銀行内部で使う書類で、顧客の氏名や融資金額、融資先番号などが記載されている。

 紛失場所は琉銀浦添ビル。原因については明らかになっていないが、同行は「銀行外部へ持ち出して使用するものではなく、不正に持ち出された形跡は認められないことなどから、外部への情報流出の可能性は極めて低い」としている。現在までに外部からの問い合わせや、情報が不正に利用されたという報告はないという。
【琉球新報電子版】