経済

4月の県内求人倍率0・94倍 復帰後最高、全国で依然最下位

県内の4月の有効求人倍率などを発表する待鳥浩二沖縄労働局長(右)=31日午前、県庁

 沖縄労働局が31日に発表した4月の県内の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0・02ポイント上昇の0・94倍で復帰後の最高値を更新した。全国では46位の鹿児島県(0・97倍)を下回り、最下位だった。県統計課が発表した4月の完全失業率(原数値)は前年同月比0・9ポイント上昇(悪化)の5・9%だった。

 同日午前、県庁で会見を開いた待鳥浩二沖縄労働局長は「県内の求人状況は非常によく、求職者はハローワークをぜひ利用してもらいたい。沖縄労働局としては事業主と求職者それぞれの希望をよく聞き、双方のマッチングに取り組み、この勢いを持続させていきたい」と語った。
【琉球新報電子版】