人事・訃報

与座朝惟さん死去 沖縄芝居、兄弟で活躍 81歳

与座朝惟さん

 弟の与座ともつねさんと共に「与座兄弟」として人気を集めた沖縄芝居役者の与座朝惟(よざ・ちょうい)さんが22日午後6時25分、肝臓炎のため那覇市の病院で死去した。戸籍上は81歳。那覇市泉崎出身。告別式は24日で調整中、那覇市松山1の9の1、大典寺で。喪主は妻勝子(かつこ)さん。

 劇団与座の座長。二枚目から三枚目まで幅広くこなした。自身が脚本を書いた現代教訓劇「次男坊」での家族思いの次郎が当たり役。最後の舞台となった2015年の母の日公演でも次郎を演じた。

 1999年に県指定無形文化財「琉球歌劇」保持者に認定された。沖縄俳優協会会長も務め、沖縄芝居の継承・発展に尽力した。