教育

高校生対象に無料塾 名護、石垣、宮古島 進学情報も提供

 2014年度以降、那覇市と沖縄市で実施されている県の子育て総合支援モデル事業「無料塾」が名護市、石垣市、宮古島市でも開講する。既に募集が始まっており、開講式は名護市と石垣市が13日、宮古島市が18日。3塾で各25人、計75人程度を募集する。

 無料塾では、大学などへの進学を望む生活困窮世帯の高校生への学習支援、保護者に対する進学情報を提供している。県が授業料を全額補助し、運営は民間に委託。16年度は那覇尚学院(那覇市)と沖縄尚学院(沖縄市)で計60人程度を受け入れている。

 名護市と石垣市では、尚学院と提携した琉大セミナー(名護市宮里)とアルファ進学スクール(石垣市大川)が運営に当たる。対象は高校2、3年生。支援期間は13日~17年3月31日で、募集期間は今月9日まで。宮古島市ではセレブラム(同市平良)が運営し、高校全学年が対象。支援期間は18日~17年3月31日で、募集期間は今月14日まで。

 3塾とも高校の学習成績や生徒・保護者面談などで支援対象の高校生を選考する。問い合わせは琉大セミナー(電話)0980(53)3274、アルファ進学スクール(電話)0980(83)3991、セレブラム(電話)0980(79)0082。