社会

「番組はヘイトスピーチそのもの」 東京MXテレビに市民が抗議

東京MXのテレビ番組「ニュース女子」の内容に抗議する市民有志ら=12日午前、東京都千代田区の東京MXテレビ社前

 【東京】東京ローカルテレビ局の東京MXが2日に放送した番組「ニュース女子」で本島北部のヘリパッド建設に反対する市民をテロリストに例えるなど攻撃する内容を放送した問題で、東京の市民ら有志は12日午前、千代田区の東京MX社の前で抗議行動をした。フリーの雑誌編集者川名真理さんがSNSで呼び掛け、17人が集まり「番組はヘイトスピーチそのもの」「謝罪・訂正して検証番組を放送せよ」などと声を上げた。
 川名さんはマイクを手に「現場で座り込みをしている市民が日当をもらっているなどあり得ない。うその内容を公共放送を使って流したことは大きな問題だ」と主張した。「人間の尊厳を懸けた闘いをあざけ笑った。ヘイトスピーチだ。そもそも本土に住んでいる私たちが沖縄に基地を押し付けている。それを自覚してほしい」などと訴えた。

英文へ→Protesters decry “hate speech” on Tokyo MX television program