国際

【中国時報】パナマ、台湾と断交 発表40分前に通知

 大陸の王毅外交部長(外務大臣に相当)とパナマの副総統兼外務大臣は13日、北京で会見を開き、パナマ政府は台湾との「外交関係」を断絶すると発表した。今後は台湾とはいかなる公的な関係を持たないと述べた。これに対し、台湾の李大維外交部長はパナマ政府が経済的な利益のために北京当局に屈したと非難した。

 パナマは1910年に満清政府とつながりを持ち、12年に中華民国ができてからも105年にわたって友好関係を維持してきた。これで台湾と国交を持つ国が20カ国に減った。

 総統府、外交部、大陸委員会は記者会見で、パナマ政府が外交関係断交を発表するわずか40分前に、断交の決定を台湾側に知らせていたことを明かし、大陸が行った行為に対して強く非難した。