政治

奥武山、サッカー専用に 陸上競技場建て替え

サッカー専用スタジアム(左下)のイメージ図(那覇市提供)

 翁長雄志那覇市長は25日の市議会2月定例会で、奥武山公園陸上競技場をJリーグ1部(J1)公式試合ができるサッカー専用スタジアムとして建て替える方針を表明した。

収容人数は2万人規模で2019年度の供用開始を目指す。翁長市長は「子どもや若者に夢と希望を与える。スタジアムを活用した新たな街づくりを進めることも可能になる」と決意を語った。
 渡久地政作氏(自民新風会)の代表質問に答えた。
 新サッカー場は現在の奥武山陸上競技場を概算で130億円かけ建て替える。14年度、15年度に設計を行い、16年度の工事着手を目指す。新サッカー場の整備に当たっては防衛省の補助事業の活用や、同様にサッカー場整備の意向を示している県との連携も目指す。
 那覇市はこれまで、陸上競技場兼サッカー場としての整備を検討していた。
 有識者でつくる検討委員会による議論の結果、兼用で整備した場合、競技用レーン設備に幅を取り、J1開催スタジアムの基準となる1万5千人以上の観客を収容するだけの広さの確保が難しいと判断し、サッカー専用とすることを決めた。サッカー専用になることで、競技のフィールドに客席を接近させられるため、臨場感のあるプレーを観戦できるメリットもある。
 市民が日常的な健康づくりの拠点として活用することや、トップアスリートが身体づくりを行うことを狙い、ジムやフィットネススタジオを整備することも検討する。
 一方で那覇市は市内に陸上競技場がなくなることの対策として、近隣市町村との広域的な連携を進めている。同市の翁長市長と南風原町の城間俊安町長は、同町の黄金森公園陸上競技場と、那覇市が整備する新サッカー場を、両市町の住民が相互利用できるようにすることで合意した。
 現在、奥武山陸上競技場をゴール地点としているNAHAマラソンについては、新サッカー場の活用による実施を検討する。