地域

奥武島でスク水揚げ 「海からのボーナス」

ことし初水揚げされたスク=8日午前9時半ごろ、南城市の奥武島

 【南城】旧暦6月1日にあたる8日、南城市の奥武島近海でスク(アイゴの稚魚)の収穫があった。体長約3~4センチの銀色に輝くスクの収穫に島は沸いた。

 スクの収穫は旧暦6月1日と7月1日の前後数日間しか行われず、漁民や島民からは「海からのボーナス」とも呼ばれるほど貴重なものとなっている。
 午前9時半ごろ、最初の船が漁から戻り、約15キロのスクを持ち帰ってきた。奥武漁港ではスクが次々と水揚げされると、島の女性らは仕分け作業に追われていた。
【琉球新報電子版】
英文へ→Summer bonus from the sea for Ojima Islanders