政治

沖縄市長選 桑江氏が当選 島袋氏に2189票差

沖縄市長選で初当選し、万歳する桑江朝千夫氏(左から3人目)=27日午後10時26分、沖縄市中央の選挙事務所

 【沖縄】任期満了に伴う沖縄市長選が27日投開票され、保守系の無所属新人で前自民党県議の桑江朝千夫氏(58)=自民、公明推薦、そうぞう、民主、維新支持=が2万9968票を獲得し、革新・中道系の無所属新人で前副市長の島袋芳敬氏(64)=社民、共産、社大、生活推薦=に2189票差を付けて当選した。島袋氏の得票数は2万7779票。投票率は57・73%。

 今選挙は、泡瀬沖合埋め立て事業の在り方や、米軍嘉手納弾薬庫知花地区への牧港補給地区の一部施設移転などの基地問題、経済振興・雇用、子育て施策などを争点に、両氏が選挙戦を展開した。
 桑江氏は「沖縄市復活」をスローガンに市政の奪還を訴えた。「もの作り振興館」の建設など経済活性化策や、小中学校給食費の軽減など子育て施策、中学3年までの段階的な医療費無料化など医療・福祉施策を掲げ、支持を集めた。
 嘉手納弾薬庫地区への基地移転は「基地機能強化なら反対」との立場。普天間飛行場の辺野古移設については「容認も含め、県外移設を求める」としていた。
 泡瀬沖合埋め立て事業については東門市政が中止した第2区域の埋め立ても「検討する必要がある」との考えを示していた。
【琉球新報電子版】