経済

県内でもマックデリバリー 来月から国際通り、大平店で

マクドナルドの宅配サービスのイメージ図(日本マクドナルド提供)

 日本マクドナルドは10月2日から、県内で初となる宅配サービス「マックデリバリー」を導入する。国際通り牧志店と大平インター店の2店舗で利用できる。

ネットや電話から注文でき、ソフトクリームを除く全商品が注文可能だ。「いつものおいしさ」を「出来たてのまま」配達し、さらなる利便性向上を目指す。
 日本マクドナルドの宅配サービスは2010年から東京都を皮切りに開始した。全国3112店舗のうち183店舗で宅配サービスを既に導入している。配達するバイクや注文受付センターなどの準備が整い次第、さらにサービスを広げていく。
 受付時間は午前7時から午後11時までで、午前7時~午前10時半までの「朝マック」の時間帯は1000円以上、そのほかの時間帯は1500円以上から利用できる。商品を出来たての状態で届けるため、対象は店舗から10分以内で配達可能な地域としている。
 担当者は「悪天候で外出できない時、高齢の方や体調不良で外出が困難な方など、たくさんの方にマクドナルドの味を楽しんでもらいたい」と話した。