経済

ハブ、TPP対策要望 経済団体、島尻沖縄相と懇談

島尻氏(左)の元へ歩み寄り、声を掛ける翁長知事

 大臣就任後初めて沖縄入りした島尻安伊子沖縄担当相は11日午前、那覇市のロワジールホテル那覇で県経済団体会議(議長・国場幸一県商工会議所連合会会長)との懇談会を開いた。

実効性のある沖縄振興施策の具体化に向けて、各経済団体との連携を密にしていく姿勢を伝えた。 懇談は非公開で行われ、経済団体側からは国際物流ハブ(拠点)化のための港湾整備や一括交付金(沖縄振興特別推進交付金)の継続などについて意見が出されたという。
 JA沖縄中央会の新崎弘光会長は環太平洋連携協定(TPP)の大筋合意について「牛肉、豚肉は段階的に関税が引き下げられていく。生産農家の対策をしっかりと取ってほしい」と要請した。
 島尻担当相は那覇大綱挽の会場で、翁長雄志知事と大臣就任後初めて言葉を交わした。翁長知事は開始前に登壇し、あいさつの中で、アドリブでその場に居合 わせた島尻氏を紹介し、激励の拍手を求める一幕があった。その後、翁長知事から島尻氏の元へ歩み寄り、声を掛けて握手した。翁長知事は大臣就任の祝いの言 葉を述べて島尻氏と笑顔で言葉を交わし「近いうちにお伺いします」と話し、島尻氏は「お待ちしています」と答え、近く知事が島尻氏を訪ねることを確認し 合った。