経済

沖縄三越が閉店 「ありがとう」 大勢の客が見送り

大勢の客に惜しまれながらシャッターを降ろす沖縄三越=21日午後7時50分、那覇市

 1957年創業の県内老舗百貨店、沖縄三越本店(那覇市)は21日夜で閉店し、57年の歴史に幕を下ろした。最終日の21日は約1万8千人が来店し、閉店を惜しんだ。杉山潤治社長は閉店セレモニーで「お礼の気持ちと丸越のマークが皆さまの心の中に少しでも長く残り続けるよう願っている。来春この地で営業する観光エンタメ(娯楽)施設をこれまで以上にご愛顧いただくようお願いする」と、涙まじりに感謝の言葉を述べた。

 最終日のこの日は多くの来店客が、店頭の「丸越」マークをバックに記念撮影していた。閉店セレモニーでは来店客から「ありがとう」「お疲れさま」などの声が上がった。店員と涙をぬぐいながら握手する姿もあった。
 百貨店以外の那覇空港売店と豊崎マイキッチン、JALコーチショップの3事業は22日以降も継続する。
 沖縄三越は10月からリウボウ商事に社名を変更し新たなスタートを切る。百貨店跡は来年3月から新たな商業施設として運営する。吉本興業による常設劇場や特産品販売などが計画されている。
 「大越百貨店」として創業し70年に「沖縄三越」に社名を変更、国際通りのシンボルとして多くの県民に親しまれてきた。一方で郊外の大型店進出など市場環境の変化に対応できず、「三越」の看板を継続使用できなくなったことから閉店した。
 テナントを含む従業員のうち、就職活動を始めている人の約4割は再就職先が未定という。沖縄三越は県や沖縄労働局などの協力を得て引き続き再就職を支援する。
【琉球新報電子版】