経済

台風18号被害は8441万円 八重山、8割がサトウキビ

 沖縄県農林水産部は2日、9月30日から10月1日にかけて八重山地域に接近した台風18号による農林水産業被害額(速報値)を発表した。八重山地域の被害総額は8441万円だった。サトウキビが6569万円の被害を受け、全体の約8割を占めた。

 その他の品目別の被害額内訳は、オクラやキュウリなどの野菜が93万円、ジンジャーやヘリコニアなどの花卉(かき)が178万円になった。農業用道路に隣接する斜面が大雨によって崩壊し、被害額は1600万円に上った。県は引き続き調査を行うという。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス