社会

沖縄本島、21日夜から強風 20号「強い台風」に

19日午後9時現在の台風20号の経路図(気象庁ホームページから)

 沖縄の南にある台風20号は19日午後9時の観測で「強い台風」に変わった。発達しながら北上しており、20日から21日にかけて沖縄地方へ接近するおそれがある。気象庁は、沖縄地方で強風やうねりを伴う高波に注意を呼び掛けている。沖縄気象台によると、台風は20日午後をピークに次第に勢力は衰え、温帯低気圧になる見込みで、沖縄本島地方が暴風となる可能性は低いとみている。本島地方は20日夜遅くから、大東島地方は21日にかけて強い風が吹く見込み。

 台風は19日午後9時現在、ゆっくりと北に進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートル。中心から半径70キロ以内は風速25メートル以上の暴風域になっている。

 台風の影響を受け19日、本島と渡嘉敷島を結ぶ2便が欠航、南北大東島航路は出航予定だった船が21日に延期となった。19日に鹿児島から那覇に向かう便、20日に那覇から鹿児島に向かう便は条件付き運航となっている。

 20日も水納島航路は8便全便欠航となったほか、20日早朝に運航を判断する事業者もある。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内