社会

“芸人式”新聞解説 プチ鹿島さんが新報ホールでトークライブ

新聞の楽しみ方を紹介するプチ鹿島さん=24日、那覇市泉崎の琉球新報ホール

 スポーツから政治まで、幅広い分野のニュースをネタにする“時事芸人”としてテレビなどで活躍するプチ鹿島さんの「トークライブ」(主催・琉球新報社)が24日、那覇市の琉球新報ホールで開かれた。

 新聞13紙を購読し、「芸人式新聞の読み方」の著書がある鹿島さんは「新聞は今こそ新しい」と新聞の魅力や読み比べ方を解説。米軍普天間飛行場の移設問題など、沖縄のニュースや県内メディアについても笑いを交えて語った。

 鹿島さんは朝日、毎日、読売といった全国紙の論調の違いをユーモラスに解説。

 社説からそれぞれの新聞を擬人化し、「新聞のキャラを楽しむとがぜん面白くなる」と話した。

 昨年9月の県知事選でも問題となったフェイクニュースや県民投票なども取り上げ「東京の新聞が沖縄をどのように伝えているのか。沖縄の人にもぜひ知ってもらいたい」と語った。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス